【2022年7月】iPad Pro(2021)とiPad Air5の違い9つを比較!

スポンサーリンク

2022年7月にiPhoneを始めとした、Apple製品が値上げされてしまいました。

iPadもiPhoneと同じように円安による値上げがされました。

特にiPad ProとiPad Airはチップが同じM1チップなので、どっちを買おうか迷いますよね。

チップが同じなので細かい違いしかありませんが、値上げの影響でiPad ProとiPad Airに価格差がかなり出てしまったのでiPad Airがおすすめです。

今回はiPad ProとiPad Airの違いとどっちを買うべきかについて紹介します。

スポンサーリンク

iPad ProとiPad Air、どっちを買うべき?

細かいスペックの違いは後ほど詳しく紹介しますが、まずはiPad ProとiPad Air、どっちを買うべきか結論だけ紹介します。

ほとんどの人はiPad Airがおすすめ!
ただ、大画面でイラストを描いたりノートパソコンとして使いたい人はiPad Pro 12.9インチがおすすめ。

iPad ProとiPad Air、どちらともM1チップと同じチップが入っています。

iPad AirとiPad Pro 11インチの違いはあまりありません。

細かい機能の差はありますが、価格差がかなりあるのでほとんどの人はiPad Airがおすすめです。

よもぎ
よもぎ

iPad AirとiPad Pro 11インチの違いはあまりありません。

唯一、iPad Proにはより大画面の12.9インチがあります。

イラストを描いたり、ステージマネージャーを使ってマルチタスクをしたい人は画面が大きいiPad Pro 12.9インチがおすすめです。

iPad ProとiPad Airの違い

最初にiPad ProとiPad Air、どっちを買うべきか結論だけ紹介しました。

細かい機能の差はありますが、基本的には同じM1チップを搭載していてコストパフォーマンスの高いiPad Airがおすすめです。

ここからは、iPad ProとiPad Airの違いを9つ紹介します。

ProMotionテクノロジー

ProMotionテクノロジーの違い
  • iPad Pro・・・ProMotionテクノロジー対応
  • iPad Air・・・ProMotionテクノロジー非対応

iPad ProとiPad Airを比較するにあたって、違いが大きいのがProMotionテクノロジーと後述するスピーカーです。

ProMotionテクノロジーに対応している、iPad Proはリフレッシュレートが最大120Hzになっています。

よもぎ
よもぎ

iPad Airは最大60Hzです。

リフレッシュレートが高いことによって、より滑らかにスクロールなどをすることが出来ます。

iPadでのリフレッシュレートの違いで、一番影響が大きいのがApple Pencilの書き心地です。

リフレッシュレートの高いiPad Proの方が、イラスト作成などで細かい描画をするときに違いを感じます。

しかし、体感できるかは人によって変わってくるので、できればお店で確認してみるがおすすめです。

スピーカー

スピーカーの違い
  • iPad Pro・・・4スピーカー
  • iPad Air・・・2スピーカー

iPad Airは2スピーカーなのに対して、iPad Proは4スピーカーと倍の数のスピーカーを内蔵しています。

iPad Proの内蔵スピーカーは、外部スピーカーを用意しなくても音楽や動画を迫力のある音で楽しむことが出来ます。

よもぎ
よもぎ

外部スピーカーが必要ありません!

iPad Airは従来のiPadと同じように2スピーカーですが、クリアで聴きやすい音を鳴らしてくれます。

どちらも良い音が出ますが、iPad Proの方が音に迫力があります。

画面サイズ

画面サイズの違い
  • iPad Pro・・・11インチ、12.9インチ
  • iPad Air・・・10.9インチ

11インチと10.9インチでは、画面サイズの違いはほとんどありません。

しかし、iPad Proには12.9インチと一回り大きいサイズが用意されています。

iPad Pro 12.9インチは、Apple Pencilを使ったイラスト制作をする人や、楽譜を見る人などに使っている人が多いです。

よもぎ
よもぎ

また、Magic Keyboardをつけて、ノートパソコンの代わりとして使っている人もいます。

12.9インチが欲しい場合はiPad Pro一択なります。

ストレージ

ストレージの違い
  • iPad Pro・・・128GB、256GB、512GB、1TB、2TB
  • iPad Air・・・64GB、256GB

iPad Airは最大256GBなのに対し、iPad Proは最大で2TBのストレージを選択することが出来ます。

動画編集などの重いファイルを扱うことが多い場合は、大容量のストレージを選べるiPad Proが向いています。

よもぎ
よもぎ

iPad Airは64GBと256GBしか用意されていません。

最近のアプリは容量が大きいことが多く、本格的にiPadを使っていこうとなると64GBでは足りなくなってしまいます。

iPad Airを購入する場合は、256GBを選ぶのがおすすめです。

カメラ

カメラの違い
  • iPad Pro・・・広角カメラ、超広角カメラ、LiDARセンサー
  • iPad Air・・・広角カメラ

iPadでカメラを気にする人は少ないかもしれませんが、カメラにも違いがあります。

iPad Airは12MPの広角カメラのみが内蔵されています。

カメラ性能はiPhoneよりも劣りますが、写真の撮影や書類のスキャンも十分綺麗な画質です。

一方でiPad Proは12MPの広角カメラに加えて、10MPの超広角カメラとLiDARセンサーがついています。

10MPの超広角カメラとLiDARセンサーは、おそらくAR周りのためについているのだと思います。

しかし、現状はLiDARセンサーなどを活用するアプリはあまりありません。

よもぎ
よもぎ

増えてはいますが、まだまだ少ないです…。

認証

認証方法の違い
  • iPad Pro・・・Face ID
  • iPad Air・・・Touch ID

画面のロック解除などの認証方法も、iPad AirとiPad Proの大きな違いです。

iPad Airは電源ボタンに指紋認証のTouch IDが搭載されています。

認証のたびに電源ボタンに手を伸ばす手間がありますが、マスクをしていても問題なくロックを解除できます。

iPad Proは最新のiPhoneと同じく、顔認証のFace IDです。

画面のロック解除やiCloudキーチェーンの認証は、画面を見ているだけで行うことが出来ます。

用途によってどっちが向いているかは変わってきますが、室内で使うことが多いiPadはFece IDの方が使いやすいかもしれません。

よもぎ
よもぎ

どちらにも、向き不向きがあります。

端子

端子の違い
  • iPad Pro・・・Thunderbolt(USB-C)
  • iPad Air・・・USB-C

iPad ProもiPad Airも、端子の形はどちらもUSB-Cですが、iPad ProのみThunderboltに対応しています。

Thunderboltに対応していると、他のUSB-C端子よりも高速でデータの転送などを行うことが出来ます。

SSDなども対応している必要がありますが、大容量のファイルを転送することが多い場合はThunderboltの方が短時間で転送できます。

よもぎ
よもぎ

対応しているSSDなどは、高価ですが…。

どちらも一般的なUSB-Cケーブルで充電はできます。

カラーバリエーション

カラーバリエーションの違い
  • iPad Pro・・・シルバー、スペースグレイ
  • iPad Air・・・スペースグレイ、ピンク、パープル、ブルー、スターライト

iPad Airは前モデルと同じように、豊富なカラーバリエーションが用意されています。

他とは違う、カラフルなiPadが欲しい場合はiPad Airの方が向いています。

iPad Proは従来のシルバーとスペースグレイの2色から選択できます。

よもぎ
よもぎ

好みの色を選びましょう!

値段

値段の違い
  • iPad Air・・・84,800円から
  • iPad Pro・・・117,800円から

最後に価格の違いです。

2022年7月に既に値上げがされていたMacを除いて、全てのApple製品が円安の影響で値上げがされました。

そのため、今まではiPad ProとiPad Airで価格差はあまりなかったものの、値上げ後は3万円以上とかなりの価格差になってしまいました。

この価格差をどう捉えるかは人それぞれですが、この価格差でAirPodsやApple Watchを買った方がより生活が快適になります。

よもぎ
よもぎ

Apple製品は組み合わせてこそ、便利になります!

iPad ProとiPad Air、それぞれ向いている人

iPad AirとiPad Proの細かいスペックの違いを見てきました。

ここまで紹介してきたスペックの違いを踏まえて、iPad AirとiPad Pro、それぞれ向いている人を紹介します。

iPad Proが向いている人
  • ノートパソコンとして使いたい人
  • 本格的なイラストを描きたい人
  • Face ID派の人
iPad Airが向いている人
  • ほとんどの人
  • カラーバリエーションに惹かれた人
  • Touch ID派の人

どちらもM1チップを搭載しているのにも関わらず、価格差がかなりあるのでほとんどの人はコストパフォーマンスが高いiPad Airがおすすめです。

また、指紋認証のTouch IDを搭載していて、マスクをしていてもロックを解除できるのがiPad Airのメリットになります。

よもぎ
よもぎ

iPadのFace IDはマスクをした状態でロック解除することができません。

iPad Pro 11インチとiPad Airの違いはあまりありません。

しかし、iPad ProにはiPad Airにはない12.9インチと一回り大きいサイズがあります

画面が大きいため複数のアプリを立ち上げてマルチタスクをしたい人や、本格的なイラストを描きたい人はiPad Pro 12.9インチがおすすめです。

スポンサーリンク

基本的にはiPad Proがおすすめ!

今回はiPad ProとiPad Airの違いとどっちを買うべきかについて紹介してきました。

iPad ProとiPad Airは細かい機能の差はありますが、同じM1チップを搭載しています。

そのため、iPad Proと同じチップを搭載していながら、安く買うことができるiPad Airはかなりコストパフォーマンスが高い機種です。

よもぎ
よもぎ

ほとんどの人はiPad Airがおすすめです!

一方でiPad Proには、他のiPadにはない大画面の12.9インチがあります。

そのため、iPadを使ってマルチタスクをしたり、本格的なイラストを描く人はiPad Pro 12.9インチが向いています。

iPad Airがおすすめですが、用途によっておすすめの機種が変わってきます。

この記事がiPad選びに少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました