iPad Air 5は何が変わった?変更点と買うべき人を紹介

スポンサーリンク

先日のAppleのイベントで新型のiPad Airが発表されました。

まさかのiPad Proと同じM1チップ搭載が搭載され、前モデルと比べて大幅にスペックアップしました。

大幅にスペックアップしたため、買おうかどうか迷いますよね。

iPad AirはiPad Proとほぼ変わらないスペックになりましたが、iPad Proを買った方がいい人もいます。

今回は新型iPad Airが前モデルと比べて進化した点と、どんな人におすすめなのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

iPad Air 5を買うべき人

新型iPad Airの細かい変更点は後ほど詳しく紹介していきます。

まずは、新型iPad Airはどんな人が買うべきなのか、結論だけ紹介します。

新型iPad AirはTouch ID派の人や、iPad Proの4スピーカーやProMotionテクノロジーに魅力を感じない人におすすめ!
それ以外の人は価格差があまり無いため、iPad Proの方がおすすめ。

新型iPad Airは前モデルと同じように、電源ボタンにTouch IDがついています。

iPad ProはFace IDのみのため、iPad AirはFece IDではなくTouch IDの方が良い人に向いています。

よもぎ
よもぎ

マスクをすることが多い今、外出して使うならiPad Airが良いかもしれません。

スピーカーが4つあったり、リフレッシュレートが120Hzだったりと、iPad Proにしかない機能があります。

iPad Proにしか無い機能に魅力を感じない人は、価格が少し安いiPad Airがおすすめです。

iPad Air 5の変更点

最初にどんな人が新型iPad Airを買うべきか、結論だけ紹介しました。

前モデルに比べて大幅にスペックアップしましたが、その分価格が上がってしまたためiPad Proと価格差が少なくなってしまいました。

ここからは、新型iPad Airの変更点を5つ紹介します。

チップ

新型iPad Airの一番大きな変更点はチップです。

前モデルはiPhone12シリーズと同じA14 Bionicチップを搭載していましたが、新型iPad AirはMacBook AirやiPad Proと同じM1チップが搭載されました。

M1チップは非常に高性能なので、スペックに不満を感じることなくiPadで行う全ての作業をこなすことが出来ます。

よもぎ
よもぎ

現状のiPadにM1チップはオーバースペックです…。

iPad Proと同じチップが搭載されたことによって、iPad ProとiPad Airは処理速度での違いは無くなりました。

処理速度が同じになったことによって、iPad Proにしか無い機能が必要かどうかでProにするかAirにするか選ぶことになります。

フロントカメラ

新型iPad Airは他のiPadシリーズと同じように、フロントカメラが超広角カメラになり、センターフレームに対応しました。

センターフレームとはFaceTimeやZoomでビデオ通話をしているときに、自分が移動してもカメラが移動したことを検知して、常にカメラに映るようにしてくれる機能です。

ビデオ通話中でも、カメラに映っているかを気にすることなく、気軽に移動できるようになります。

よもぎ
よもぎ

ビデオ通話をすることが多い今に合った機能です。

しかし、超広角カメラになったことによって、広角相当の画質で撮影をした時はトリミングをしてしまうので、今までよりも画質が劣ってしまいます。

5G接続

新型iPad AirもiPad ProやiPad miniと同じように、5G接続に対応しました。

外出した先が5Gのエリア内なら、今までの4Gよりも速く通信をすることが出来ます。

しかし5G対応といっても、Sub6のみの対応でミリ波には対応していません。

よもぎ
よもぎ

ミリ波の対応はまだ先になりそうです。

セルラーモデルのみの話なので、Wi-Fiモデルで検討している方は気にしなくて大丈夫です。

カラーバリエーション

新型iPad Airはカラーバリエーションが大幅に変更されました。

用意されている色は以下の通りです。

  • スペースグレイ
  • ピンク
  • パープル
  • ブルー
  • スターライト

iPad miniに用意されているピンクやパープルに加えて、新型iPad Airはブルーが用意されています。

よもぎ
よもぎ

気に入った色を選びましょう!

値段

新型iPad Airは円安の影響もあり、前モデルと比べると価格が上がっています。

  • iPad Air 4・・・69,080円から
  • iPad Air 5・・・74,800円から

前モデルと比べると、約5000円ほどの値上げになっています。

新型iPad Airの256GBは92,800円になってしまい、iPad Pro 11インチの128GBと2000円しか価格差がありません。

よもぎ
よもぎ

iPad Pro 11インチの128GBは94,800円です。

256GBで揃えてみると、新型iPad Airは92,800円、iPad Pro 11インチは106,800円と価格差は14,000円ほどになります。

※表記している価格はWi-Fiモデルの価格です。

スポンサーリンク

iPad Proの機能が必要かで選ぼう!

iPadの白黒写真

今回は新型iPad Airが前モデルと比べて進化した点と、どんな人におすすめなのかを紹介してきました。

M1チップが搭載されスペックは大幅にアップしましたが、その分値段が上がり、iPad Proとあまり変わらなくなってしまいました。

iPad Proのみの機能は4スピーカーやProMotionテクノロジーなどが挙げられます。

よもぎ
よもぎ

価格差があまりないので、個人的にはiPad Proの方がおすすめです。

しかし、価格は上がってしまいましたが、iPad Proよりも安く買えるのは事実です。

iPad Proの機能が必要ない人にとっては、iPad Proと同じスペックが安く買えるのでコストパフォーマンスが高いiPadになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました