iPhone12から対応したMagSafeのメリットとデメリットは?

スポンサーリンク

iPhone12シリーズ以降からiPhoneの背面にマグネットが内蔵され、そのマグネットを使って充電をしたりアクセサリーをつけたりすることができるようになりました。

マグネットで簡単につけ外しができるため、iPhoneのアクセサリーの幅がまた広がりました。

iPhoneを検討するにあたって、MagSafeはどういうものなのか気になりますよね。

今回は実際にiPhoneのMagSafeを使ってわかった、メリットとデメリットを紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneのMagSafeとは?

最初にiPhoneのMagSafeとはどういうものなのかを簡単に紹介します。

MagSafeとは、iPhone12以降のiPhoneの背面に入っているマグネットのことです。

MagSafeを使うことによって、今までのiPhoneではできなかった15Wのワイヤレス充電やマグネットでくっつけるアクセサリーが使えるようになりました。

Apple(アップル)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

MagSafeのメリット

iPhone12シリーズから使えるようになったMagSafeはさまざまなメリットがあります。

MagSafeのメリットを全部で4つ紹介します。

充電速度が速い

iPhoneの場合、通常のワイヤレス充電は最大で7.5Wまでですが、MagSafe認証品の充電器を使うと最大で15Wで充電をすることができます。

ケーブルを抜き差しする必要がないワイヤレス充電でも、高出力で充電できるのはMagSafe充電の大きなメリットです。

よもぎ
よもぎ

有線に負けない速度で充電ができます!

iPhoneをマグネットでくっつけて充電できる充電台は売られていますが、MagSafe認証品でないと最大の15Wでの充電はできないので注意が必要です。

>> Belkin 2-in-1 MagSafe充電器をレビュー!省スペースな充電スタンド

確実に充電ができる

ワイヤレス充電を使ったことがある方なら「充電台に置いておいたけど、充電されていなかった…」なんて経験はあると思います。

MagSafe充電はマグネットで位置が固定されるので、確実に充電をすることができ、充電中にiPhoneが動くこともありません。

よもぎ
よもぎ

通常のワイヤレス充電器だと、充電中にiPhoneが動いてしまうことがありますからね…

MagSafe充電なら、15Wの高出力の充電を確実に行うことができます。

定位置ができる

これはMagSafeだけのメリットではないですが、MagSafeなどのワイヤレス充電を使うようにすると、iPhoneの定位置ができます。

ワイヤレス充電台をiPhoneの定位置にしておくメリットは、充電のし忘れがなくなることと、無くさなくなることです。

例えば、家に帰ってきたときにワイヤレス充電台の上にiPhoneを置く習慣を作れば、置くだけで充電ができるので充電を忘れることがなくなります。

また、常にその場所に置くことになるので、無くすことも無くなります。

よもぎ
よもぎ

部屋が自然と片付くようになります!

iPhoneやワイヤレスイヤホンの定位置ができるのは、MagSafe充電やワイヤレス充電のメリットです。

>> ワイヤレス充電って便利?使ってわかったメリットとデメリット

さまざまなアクセサリーが使える

MagSafeはマグネットでくっつけるだけなので、簡単につけ外しができるのが特徴です。

そのため、MagSafe対応のさまざまなアクセサリーを気軽に使い分けることができます。

よもぎ
よもぎ

さまざまなメーカーから、MagSafe対応のアクセサリーが売られています!

充電するときはMagSafeの充電台に置いて充電をし、充電が終わったらMagSafe対応のレザーウォレットをつけて外出する…という使い方ができます。

MagSafe対応のアクセサリーなら、スタンドやウォレットなど、その時の必要なものに応じてさまざまなアクセサリーを気軽に付け替えて使い分けられます。

MagSafeのデメリット

MagSafeのメリットを紹介してきましたが、デメリットもあります。

ここからは、MagSafeのデメリットを紹介します。

充電器の値段が高い

MagSafeでの充電は出力が高かったり、位置が固定されたりと便利ですが、MagSafe対応の充電器は値段が高いです。

純正のMagSafe充電器は4950円と、充電器の中ではかなり高額な部類に入ります。

また、サードパーティの製品でもMagSafe認証品は少なく、どれも高額です。

よもぎ
よもぎ

現状、MagSafe認証を取得した製品はかなり少ないです。

MagSafe充電は便利ですが、認証品が少なく、どれも高額で手が出しにくいのがMagSafeの一番のデメリットになります。

iPhone12以降でしか使えない

MagSafeはiPhone12から対応したので、それ以前のiPhoneでは基本的にMagSafeのアクセサリーを使うことはできません。

MagSafe充電器は使うことはできるものの、15Wでの充電はできず、7.5Wの充電になってしまいます。

しかし、以下のようなプレートをiPhoneに貼れば、15Wでの充電はできませんがMagSafeのアクセサリーが使えるようになります。

スポンサーリンク

気軽にアクセサリーを付け替えられる!

今回は、実際にiPhoneのMagSafeを使ってわかった、メリットとデメリットを紹介してきました。

MagSafeを使えば、通常のワイヤレス充電よりも高出力で充電をすることができ、さまざまなアクセサリーを使うこともできます。

特に、アクセサリーはマグネットでくっつけるだけなので、気軽に付け替えができます。

よもぎ
よもぎ

スマホスタンドやリングなど、MagSafe対応のアクセサリーが増えてきました。

その時に必要なものに応じてアクセサリーを気軽に付け替えられるのが、MagSafeの一番のメリットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました