【Mac】今日の日付をキーボードショートカットで入力する方法

今日の日付をキーボードショートカットで入力する方法
スポンサーリンク

ファイル名などを入力するときに、日付を入力することは多いと思います。

「きょう」と入力すると、その日の日付が変換候補に表示されますが、「2021/08/26」や「2021年8月26日」などと記号や文字が入ってしまいます。

「20210826」のように、記号なしで日付を入力したいですよね。

Autometerを使うことによって、設定したキーボードショートカットを押せば、一瞬で今日の日付を記号なしでクリップボードにコピーすることができます。

今回はキーボードショートカットを使って、日付をクリップボードにコピーする方法を紹介します。

スポンサーリンク

キーボードショートカットで日付をコピーする方法

Autometerを使うことによって、キーボードショートカットで日付をクリップボードにコピーできるようになります。

早速、キーボードショートカットで日付をコピーする方法を紹介していきます。

クイックアクションを作成する

キーボードショートカットで日付をクリップボードにコピーするには、Macに最初からインストールされているAutomatorを使います。

アプリケーションフォルダの「その他」の中に入っている「Automator」を起動します。

起動ができたら、左下の「新規書類」をクリックします。

書類の種類を選択する画面になるので、「クイックアクション」を選択します。

アクション一覧の中から、「シェルスクリプトを実行」を探して右側にドラック&ドロップをします。

「シェルスクリプトを実行」の中に以下のコマンドを入力します。

date +%Y%m%d_ | tr -d '\n' | pbcopy

上記のコマンドで、現在の日付を取得してクリップボードにコピーしています。

ファイル名で入力することを想定しているので、日付の最後に「 _ 」が入っています。
必要ない場合は「 date +%Y%m%d_ 」から、右端の「 _ 」を削除してください。

「ワークフローが受け取る現在の項目」を「入力なし」に変更します。

ここまでできたら、好きな名前をつけて保存をします。

今回は「現在の日付を取得」と名前をつけます。

Autometerで作ったクイックアクションは「ユーザー/ライブラリ/Service」に保存されています。

キーボードショートカットを設定する

ここまでで作ったクイックアクションをキーボードショートカットで実行できるようにしていきます。

システム環境設定を開き、「キーボード」から「ショートカット」を選択します。

画面左側から「サービス」を選択し、画面右側から先程保存した、クイックアクションを探してチェックをつけます。

「ショートカットを追加」をクリックし、クイックアクションを実行したい時に入力する、キーボードショートカットを設定します。

これで設定完了です。

どのアプリを開いている状態でも、設定したキーボードショートカットを入力すれば、一瞬で「20210826_」のように、日付がクリップボードに保存されます。

よもぎ
よもぎ

コピーされたら、あとはいつも通りにペーストするだけです!

スポンサーリンク

日付を入力する手間がなくなる!

キーボード

今回はキーボードショートカットを使って、今日の日付を記号なしでクリップボードにコピーする方法を紹介してきました。

Macに最初から入っているAutometerを活用することによって、今日の日付を一瞬でクリップボードにコピーすることができるようになります。

作業をしていると、日付を入力する機会は多いので日付を入力する手間がなくなり、効率的に作業ができるようになります。

ファイル名に日付を入力する時など、使えるシーンは多いので是非使ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました