一応できるけど… Apple WatchでWen検索をする方法【ショートカット】

スポンサーリンク

Apple Watchには、他のApple製品と違ってSafariなどのブラウザが入っていません。

ブラウザが入っていないのは、画面サイズなどが関係していると考えられます。

Apple Watchは常に腕にあるので、腕でサッとブラウザから情報を確認できたら便利ですよね。

ショートカットを使えば、「一応」Apple WatchでもWeb検索をすることができます。

今回はショートカットを使って、Apple WatchでWeb検索をする方法を紹介します。

スポンサーリンク

Apple Watchで検索をする方法

ショートカットアプリを使えば、ブラウザが入っていないApple Watchでも検索をすることができます。

早速、Apple Watchで検索をするショートカットとその使い方を紹介していきます。

ダウンロード

ショートカットを使うためには、ショートカットアプリをダウンロードしておく必要があります。

最初から入っているアプリですが、削除してしまった場合はApp Storeから再びダウンロードすることができます。

「Web検索」ショートカットは以下のリンクから、ダウンロードすることができます。

「Web検索」をダウンロード

ダウンロードをすることができたら、使えるようになります。

使い方

次に、ショートカットの使い方を紹介していきます。

Apple Watchのショートカットアプリを開き、「Web検索」ショートカットをタップして実行します。

ショートカットを実行すると、音声入力の画面になるので検索したいキーワードを入力し「完了」をタップします。

しばらく待っていると、検索結果が表示されます。

よもぎ
よもぎ

意外とすぐに表示されます。

これで、Apple WatchでもWeb検索ができるようになります。

ショートカットを使えばApple WatchでもWeb検索は行えますが、画面が小さいのでかなり見にくいです。

一応、検索はできますが、基本的にはiPhoneなどで検索をすることをおすすめします。

スポンサーリンク

一応使えるけど…

今回はショートカットを使って、Apple WatchでWeb検索をする方法を紹介してきました。

ショートカットを使えば、ブラウザが入っていないApple WatchでもWeb検索をすることができます。

Apple Watchは常に腕についているので、サッと情報を確認したいときに便利です。

よもぎ
よもぎ

すぐに情報を確認できます!

しかし、Apple Watchは画面が小さいため、文字をじっくり読むのには向いていません。

少しだけ情報を確認したいときには便利ですが、基本的にはiPhoneなどを使って検索をするのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました