【Mac】SpotlightでWebサイトを直接開けるようにする方法

【Mac】SpotlightでWebサイトを直接開けるようにする方法
スポンサーリンク

MacではSpotlightやAlfredなどを使って、キーボード操作でアプリを起動することができます。

しかし、Spotlightはアプリしか起動することができず、Webサイトを直接開くことはできません。

作業を効率化させるために、SpotlightからWebサイトを直接開けるようにしたいですよね。

Macに最初から入っているAutometerというアプリを使えば、SpotlightからWebサイトを開けるようになります。

今回はAutometerを使って、Spotlightから直接Webサイトを開けるようにする方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

Autometerを使ってWebアプリをアプリ化する方法

早速、Autometerを使って、Spotlightから直接Webサイトを開けるようにする方法を紹介します。

Macに最初から入っている「Autometer」というアプリを使って作っていきます。

作り方

アプリケーションフォルダーの「その他」の中に入っている、Autometerを開きます。

Spotlightで「Autometer」と入力することでも、起動することができます。

Autometerを起動したら、「新規書類」をクリックします。

「アプリケーション」を選択します。

アプリケーションを選ぶことによって、Spotlightから起動できるようになります。

アクション一覧の中から「指定されたURLを取得」を探して、右にドラッグ&ドロップします。

最初からURLが入力されているので、選択をして削除をします。

「追加」をクリックして、起動したいサイトのURLを入力します。

アクション一覧の中から「Webページを表示」を探して、右にドラッグ&ドロップします。

以下のスクリーンショットのように作ることができたら、名前をつけて保存をします。

ファイル名はWebサイトの名前など、Spotlightに入力して起動できるような名前にします。

使い方

使い方は、先程作ったアプリの名前をSpotlightに入力するだけです。

早速、Spotlightから先ほど作ったアプリ名を入力してみてください!

先ほど作ったアプリが表示されるので選択をし、returnキーを押すとデフォルトのブラウザでWebサイトが起動します。

これでSpotlightからWebサイトを起動することができます。

よもぎ
よもぎ

Alfredなどでも、同じ方法で使うことができます。

スポンサーリンク

Webサイトも素早く開ける!

ファンクションキー

今回はAutomeaterを使って、SpotlightからWebサイトを直接開けるようにする方法を紹介してきました。

Automeaterを使ってWebサイトをアプリ化をすると、Macアプリと同じようにSpotlightから起動することができます。

自分でブラウザを起動して、お気に入りなどからサイトを選択しなくても良くなるので、素早くWebサイトを開くことができるようになります。

よもぎ
よもぎ

よく開くサイトは、作っておくとすぐに開けるようになって便利です!

YouTubeなど、Macではブラウザ上で使うアプリなどで作っておくと、Spotlightから直接起動ができるので便利です。

普段SpotlightやAlfredから、アプリを起動している人はぜひ試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました