【MacBook Air】M1とM2、どっちを買うべきか違いを比較!

スポンサーリンク

先日のWWDCの基調講演で、デザインが刷新された新しいMacBook Airが発表されました。

新型MacBook Airは次世代のチップ、M2チップを搭載しています。

しかし、新型MacBook Airが発表されたものの、今まで販売されていたM1 MacBook Airも併売されています。

価格差がかなりあるので、どっちを買うべきか迷いますよね。

ほとんどの人にとって、M1 MacBook Airでも十分なスペックを持っています。

今回は新型MacBook AirとM1 MacBook Airの違いと、どっちを買うべきかについて紹介します。

スポンサーリンク

M2とM1、どっちを買うべき?

まず初めにM2チップを搭載した新型MacBook AirとM1 MacBook Air、どっちを買うべきか、結論だけ紹介します。

ほとんどの人はM1 MacBook Airがおすすめ!
でも、デザインが好みなら新型MacBook Airもあり。

新型MacBook Airは新しいM2チップを搭載していますが、M1と比べると体感できる違いはありません。

そのため、価格も安く、ほとんどの作業をサクサクとこなせるM1 MacBook Airがおすすめです。

よもぎ
よもぎ

M1でもスペックはかなり高いです!

しかし、新型MacBook Airはデザインが一新されています。

デザインや色が好みなら、新型MacBook Airを買うのもありです。

新型MacBook Airを買うべき人
  • デザインが好みの人
  • 少しでもスペックは高い方がいい人
  • 価格はあまり気にしない人
M1 MacBook Airを買うべき人
  • MacBookを買おうと思っているほとんどの人
  • 重いマルチタスクはしない人
  • 安く買いたい人

M2とM1の違いを比較

最初にM2とM1、どっちを買うべきか結論だけ紹介しました。

M1でも十分に高性能なため、ほとんどの人はM1 MacBook Airがおすすめです。

ここからは、新型MacBook AirとM1 MacBook Airの違いを比較していきます。

本体デザイン

新型MacBook AirとM1 MacBook Airでの一番の違いは本体のデザインです。

新型MacBook Airはデザインが刷新され、角張ってフラットなデザインに変更されました。

ノッチがつき、画面の角が丸くなったりと、14インチや16インチのMacBook Proと同じようなデザインになっています。

よもぎ
よもぎ

フラットなデザインに統一されました!

本体デザインの変更に伴い、後述する様々なスペックが上がっています。

チップ

チップの違い
  • 新型MacBook Air・・・M2チップ
  • M1 MacBook Air・・・M1チップ

スペック面の違いで一番目を引くのはチップの違いでしょう。

新型MacBook Airは新しい世代のM2チップを搭載しています。

M2チップに世代が上がったことによって、処理速度が最大で1.4倍速くなっています。

また、M1 ProやM1 Maxで搭載されていたメディアエンジンを搭載しています。

メディアエンジンを搭載したことによって、動画編集といった作業の動画を使った処理が速くなりました。

よもぎ
よもぎ

全体的にスペックが向上しています!

しかし、M1チップでも事務処理はもちろん、4Kの動画編集をサクサクとこなせるスペックを持っています。

M2チップでスペックは向上しましたが、M1チップでも体感できる違いはあまりないと思います。

最大メモリ容量

最大メモリ容量の違い
  • 新型MacBook Air・・・最大24GB
  • M1 MacBook Air・・・最大16GB

M2チップに進化したことによって、最大メモリ容量も増えています。

M1チップは最大で16GBだったのに対し、M2チップは最大で24GBのメモリを載せることができます。

最大メモリ容量が増えたことによって、重いソフトフェアをたくさん立ち上げてもサクサクと動かすことができるようになります。

よもぎ
よもぎ

たくさんのソフトウェアを起動しても、動作がもたつきにくくなります。

しかし、一般的なマルチタスクなら16GBでも十分にサクサクと動かすことができます。

16GBのメモリでも、2つくらいなら重いソフトウェアを同時に立ち上げて作業することが可能です。

重いソフトウェアをたくさん立ち上げて作業したい場合は、MacBook Proの方が向いている場合があります。

ディスプレイ

ディスプレイの違い
  • 新型MacBook Air・・・ノッチありの13.6インチ
  • M1 MacBook Air・・・ノッチなしの13.3インチ

新型MacBook Airは本体のデザイン刷新に伴い、ディスプレイも大きく変わっています。

ディスプレイの外観は14インチや16インチのMacBook Proと同じように、ベゼルが細くなりノッチがつきました。

ベゼルが細くなったおかげで画面サイズが13.3インチから13.6インチと少しだけ大きくなっています。

また、Liquid Retinaディスプレイを搭載し、最大輝度も500ニトと明るくなりました。

よもぎ
よもぎ

小さな違いですが、比べてみると意外と大きいです。

M1 MacBook Airは従来のノッチなしのディスプレイです。

デザインの刷新に伴い、ディスプレイ性能がが大きく変更されています。

内蔵カメラ

内蔵カメラの違い
  • 新型MacBook Air・・・1080p
  • M1 MacBook Air・・・720p

新型MacBook Airは内蔵のカメラが1080pになり、画質が向上しています。

また、M2チップが映像を処理してくれるので、コントラストがはっきりして明るい映像を撮ることができます。

カメラの画質が大きく向上しているので、ビデオ通話で外付けのWebカメラを用意しなくても綺麗な映像を相手に届けることができます。

よもぎ
よもぎ

内蔵カメラでも綺麗な映像を撮ることができます!

一方で、M1 MacBook Airは720pのカメラになっています。

ビデオ通話をする分には十分な画質ですが、1080pのカメラと比べるとやはり音って見えてしまいます。

カメラ性能の向上は新型MacBook Airの大きく進化したポイントです。

スピーカー

スピーカーの違い
  • 新型MacBook Air・・・4スピーカー
  • M1 MacBook Air・・・ステレオスピーカー

新型MacBook Airはスピーカーの数が4つに増えています。

スピーカーの数が増えたことによって、内蔵スピーカーでも迫力のある音で音楽や映像を楽しむことができます。

また、内蔵スピーカーでの空間オーディオの再生にも対応しています。

よもぎ
よもぎ

スピーカー性能は発表時でも強調されていました。

M1 MacBook Airは従来のステレオスピーカーを搭載しています。

新型MacBook Airと比べるとスピーカーの数は少ないですが、十分に迫力のある音を再生してくれます。

高さ

高さの違い
  • 新型MacBook Air・・・13.3cm
  • M1 MacBook Air・・・0.41~1.61 cm

新型MacBook Airはデザインが刷新されフラットなデザインになったため、高さが均一になっています。

その高さは1.13cmと、近年で発売されたMacBookの中でも一番薄いです。

重量も少し軽くなっており、現行機種の中では一番持ち運びやすいMacBookになっています。

よもぎ
よもぎ

まさにAirといった感じです!

M1 MacBook Airは、手前になるにつれて薄くなっていくくさび形のデザインを採用しています。

手前になるほど薄くなっているので、スタンドを使わなくても少し傾きができ、タイピングがしやすいです。

MagSafe充電

MagSafe充電の違い
  • 新型MacBook Air・・・MagSafe充電対応
  • M1 MacBook Air・・・MagSafe充電非対応

新型MacBook Airは14インチや16インチのMacBook Proで搭載された、MagSafe充電に対応しました。

MagSafe充電はマグネットでケーブルを脱着するので、簡単につけ外しができます。

もちろん、従来のUSB-Cポートを使った充電も可能です。

よもぎ
よもぎ

充電方法を選ぶことができます!

一方で、M1 MacBook AirはUSB-C充電のみになっています。

充電方法は1つしかありませんが、最近はUSB-Cが普及しているので不便に感じることはないです。

カラーバリエーション

カラーバリエーションの違い
  • 新型MacBook Air・・・シルバー、スペースグレイ、スターライト、ミッドナイト
  • M1 MacBook Air・・・シルバー、スペースグレイ、ゴールド

M1 MacBook Airは従来からあった、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色展開です。

今までのMacBookにあった、スタンダードな色が揃っています。

新型MacBook Airはシルバーとスペースグレイに加え、スターライトとミッドナイトが追加されています。

よもぎ
よもぎ

スターライトとミッドナイトは、iPhoneやApple Watchにも最近採用された色です。

特にミッドナイトは、最近のMacBookにはなかったかなり黒い色になっています。

値段

値段の違い
  • 新型MacBook Air・・・164,800円から
  • M1 MacBook Air・・・134,800円から

最後に値段です。

円安の影響があり、新型MacBook AirもM1 MacBook Airも高くなってしまっています。

新型MacBook Airは164,800円からと、今までのMacBook Airと比べるとかなり高めの値段です。

M1 MacBook Airは115,280円から134,800円と約2万円の値上げがされています。

よもぎ
よもぎ

こればかりは仕方がないですね…。

新型MacBook AirとM1 MacBook Airは3万円の価格差があります。

この価格差をどう捉えるかは人それぞれですが、3万円あるとAirPods Proや無印iPadが買えるくらいの値段になります。

デザインは刷新されましたができることは変わらないので、個人的にはM1 MacBook Airを買って価格差で他のデバイスを買うのがおすすめです。

スポンサーリンク

デザインは違うけど、どっちも快適に使える!

今回は新型MacBook AirとM1 MacBook Airの違いと、どっちを買うべきかについて紹介してきました。

新型MacBook Airはデザインが刷新され、スペックも向上しています。

特に、ベゼルが細くなったことによって、よりスタイリッシュなMacBookに仕上がっています。

よもぎ
よもぎ

最近のデザインらしくなりました!

しかし、新型MacBook AirとM1 MacBook Air、両方ともスペックが高いのでどちらを選んでも快適に作業をすることができます。

価格差がかなりあるので、個人的にはM1 MacBook Airを買って価格差でAirPods Proや無印iPadを買うのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました