Smart Folio 1年使用レビュー!安心の純正ケース 迷ったらこれ!

smart folio
スポンサーリンク

iPadには純正ケースとして、Smart CoverやSmart Folioが売られています。

純正ケースなので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、サードパーティのカバーと比べると値段がかなり高いので、買うのに躊躇しますよね。

今回は、iPad Pro(2020)の購入と同時に、Smart Folioも購入して1年ほど使っていたので、使って感じたことを紹介します。

スポンサーリンク

Smart Folioの良かったところ

Smart Folioを1年使って感じたことを、良かったところときになるところに分けて紹介します。

最初に良かったところを紹介していきます!

よもぎ
よもぎ

流石、純正なだけあってメリットがたくさんあります!

軽い

Smart Folioはカバーをつけても軽く、重くならないのが一番の特徴です。

Smart Folioはサードパーティ製のカバーと比べても、かなり薄く、軽い部類に入ります。

よもぎ
よもぎ

Amazonなどで似たようなカバーは売っていますが、それと比べても軽いです。

持ち運びをするときもあまり重さは気にならず、気軽に持ち運んで使えます。

軽くて持ち運びやすいiPadの利点を潰さずに、カバーをつけて本体を保護することができます。

薄くて軽くなっているのもあり、見た目もミニマムでスタイリッシュです。

両面をカバーしてくれる

従来の純正カバー、Smart Coverは画面しか保護してくれませんでした。

これはこれで必要最小限でかなり軽いので、メリットはありますが背面が剥き出しになっているとやっぱり不安です。

よもぎ
よもぎ

背面もカバーしておきたい場合は、Smart Coverに対応したケースを別で用意する必要がありました。

Smart Folioは画面側はもちろん背面までカバーしてくれるため、背面のケースを別で用意する必要がなくなりました。

Smart Cover対応の背面ケースはかなり少なかったので、これを探さなくても良くなったのは嬉しいポイントです。

スタンドにもなる

Smart Folioはカバーを組み立てることによってスタンドにもなります。

2つの角度があり、緩い角度と急な角度があります。

緩い角度はApple Pencilを使ってノートを書いたり、絵を描いたりする時に角度はついて書きやすく、急な角度は動画を見る時やキーボードを使って作業する時に見やすい角度になります。

よもぎ
よもぎ

今この記事を書いているときも、Macの横にSmart Folioで立てたiPadを置いています!

純正なだけあって組み立ててもしっかりとマグネットでくっつき、スタンドにしたときも安定感があります。

スタンドに立てた状態でiPadを操作しても倒れることはありません。

Smart Keyboard FolioやMagic KeyboardはApple Pencilが使いやすい、浅い角度を作ることはできません。

浅い角度が作れる純正カバーは、Smart Folioだけです。

付け外しが簡単

Smart FolioはiPadの背面にマグネットでくっつけるのでつけ外しが簡単に出来ます。

簡単つけ外しが出来るので、その日の予定に応じてキーボードカバーをつけるかSmart Folioを付けるかを選んで簡単に交換することが出来ます。

キーボードは使わなくても、横になって使う時などのくつろいでいる時は外して何もつけないで、更に軽く使うという使い方もできます。

落ちない

Smart FolioはiPadにマグネットで取り付けるだけです。

それだと、落ちてしまうのでは…

と、心配になるかもしれません。

1年ほど使いましたが、普通に使っている分にはマグネットが外れてiPadが落ちることはありませんでした。

iPadを付けた状態で、カバーだけ持って持ち上げても落ちません。

外す時は簡単に外れますが勝手に落ちてくることはない、絶妙な強さでiPadにくっつきます。

純正の安心感

やっぱり、純正なだけあって細かいところまでよくできています。

カメラ穴も大きくもなく、小さくもなくぴったりです。

よもぎ
よもぎ

iPadのカメラは出っ張っていますが、Smart Folioをつけるとなくなります。

落ちることがない絶妙な強さのマグネットでくっつき、スタンドも安定感があります。

購入時にちゃんと使えるのか心配することもなく、安心して使えるのは純正ならではのメリットです。

Smart Folioの気になるところ

ここまでSmart Folioを1年使ってみて、良かったところを紹介しました。

ここからは、気になるところを紹介します。

側面はカバーしてくれない

Smart Folioは両面カバーしてくれますが、側面はカバーしてくれません。

おそらくApple Pencilをつける関係でだとは思いますが、Smart Folioだと側面は剥き出しになってしまうので、気になる人はいると思います。

よもぎ
よもぎ

1年使いましたが、iPad本体に傷はついていません。

また、落とした時の耐久性もあまりないです。

傷からは守ってくれますが、落としたら潰れてしまうと思います。

耐久性を上げようとすると重くなってしまうので、軽さか耐久性、どちらかを選ばないといけません。

Smart Folioを1年間装着していたiPadの状態は「iPad Proの側面に傷は付く?Smart Folioを1年使ってみた結果」で紹介しています。

長く使ってくると汚れが目立つ

私が選んだのがブラックだったからなのかもしれないないですが、長く使っているとよく触る部分に光沢が出てしまい目立ってきます。

よもぎ
よもぎ

個人的には使い込んだ感じがしてありですが…

目立つので気になる人はいると思います。

色によって目立つか目立たないかが変わってくると思うので、気になる場合はブラック以外の別の色を選んだ方がいいかもしれません。

値段が高い

Smart Folioの一番のデメリットはやっぱり値段が高いことです。

iPad Pro 11インチ用でも1万円ほどします。

とはいえ、安定感や軽さは他のどのカバーと比べても優れています。

値段と使い勝手、どちらを優先するかで純正カバーにするかサードパーティ製のカバーにするか、判断の基準になってきます。

Smart Folioが向いている人

ここまで紹介してきたことを踏まえて、Smart Folioがおすすめな人を紹介します。

Smart Folioはこんな人におすすめ!
  • 純正のカバーが欲しい人
  • とにかく軽く使いたい人
  • シンプルなカバーが欲しい人
  • キーボードカバーも使いたい人
  • Apple Pencilをメインで使いたい人

Smart Folioはサードパーティ製のカバーを含めても、とにかく軽いのが特徴のカバーです。

そのため、カバーはつけたいけど、あまり重くしたくない人にSmart Folioはおすすめです。

また、つけ外しが簡単なので、その日の予定に応じてキーボードカバーと使い分けたい人にもにもおすすめできます。

スポンサーリンク

シンプルだけど、使いやすいカバー!

今回はiPad Proの純正カバー、Smart Folioを1年使ってみて感じたことを紹介してきました。

流石に純正のカバーなだけあって、使い勝手やサイズが細かいところまで作られていて最高のカバーです。

カバーにしては高額ですが、その値段の分だけ満足ができる製品でした。

よもぎ
よもぎ

かなり完成度が高い製品です!

Amazonなどで売っているサードパーティのケースと比べてもかなり軽いので、持ち運びの際の重さが気になる人にも最適なケースです。

高額ですが、完成度の高い製品なので長く使えるカバーを探している人は是非検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました