iPhone14と13の違いを比較!どっちを買うべきかも紹介

スポンサーリンク

先日のAppleのイベントで、新型のiPhone14シリーズが発表されました。

iPhone14の発表に伴い、昨年発売されたiPhone13が値下げされています。

見た目には大きな違いがなく、価格差もかなりあるのでどちらを買うべきか迷いますよね。

大画面のPlusサイズが欲しいわけでなければ、iPhone13の方がおすすめです。

今回はiPhone14とiPhone13の違いと、どっちを買うべきかについて紹介します。

スポンサーリンク

iPhone14とiPhone13、どっちを買うべき?

細かいスペックの違いは後ほど紹介しますが、まずはiPhone14とiPhone13、どっちを買うべきかについて紹介します。

iPhone14とiPhone13なら、iPhone13が圧倒的におすすめ!

ただ、大画面のiPhoneが欲しい場合はiPhone14 Plus一択。

iPhone14とiPhone13の2つで迷っている場合は、スペックの差がほとんどないためiPhone13がおすすめです。

また、iPhone14では無くなってしまったminiサイズもあるので、小さいiPhoneが欲しい人も向いています。

よもぎ
よもぎ

最後のiPhone miniかもしれないです…。

一方でiPhone14は新しく登場したものの、iPhone13から変わった点がほとんどありません。

スペック差がほとんどないのに、価格差がかなりあるので基本的にはiPhone13がおすすめです。

しかし、新しく登場した大画面のPlusサイズ欲しい人はiPhone14一択になります。

iPhone14とiPhone13の違い

最初にiPhone14とiPhone13、どっちを買うべきか結論だけお話ししました。

スペック差はほとんどないので、大画面を求めなければiPhone13がおすすめです。

ここからはiPhone14とiPhone13のスペックの違いを紹介していきます。

画面サイズ

  • iPhone14・・・6.1インチ、6.7インチ
  • iPhone13・・・6.1インチ、5.4インチ

iPhone14とiPhone13、どちらかを選ぶ際で一番重要なのが用意されている画面サイズの違いです。

iPhone13はスタンダードサイズの6.1インチに加え、miniサイズの5.4インチがあります。

miniサイズはiPhone SEよりも本体サイズが小さく、軽くて画面が小さいため片手での操作がしやすいです。

片手で操作をしたい人や、コンパクトなiPhoneが欲しい人はminiサイズがある、iPhone13が向いています。

一方でiPhone14は6.1インチに加えて、より大画面の6.7インチが用意されています。

6.7インチはiPhone14 Pro Maxなどの、MaxサイズのiPhoneと同じ画面サイズです。

画面が大きいためWebサイトや動画が見やすく、QWERTY配列のソフトウェアキーボードが打ちやすいです。

よもぎ
よもぎ

画面サイズが使い勝手に一番大きく影響してきます!

大画面のスマホが好きな人や、iPhoneを必ず両手で使う人に6.7インチのiPhone14 Plusは向いています。

チップ

  • iPhone14・・・A15 Bionic(5コアGPU)
  • iPhone143・・・A15 Bionic(4コアGPU)

iPhone14もiPhone13もチップの世代は、どちらも同じA15 Bionicチップです。

どちらも同じ名前のチップが搭載されていますが、GPUのコア数が異なってきます。

5コアGPUのA15 Bionicチップは、昨年のiPhone13 Proに搭載されていたものです。

よもぎ
よもぎ

iPhone13 Proに搭載されていたチップが、iPhone14に入っています。

1コア多いことでGPU性能はiPhone14の方が高く、ゲームや画像処理をより高速に行うことができます。

しかし、性能差はありますがA15 Bionicチップは元々高性能なので、体感できるほどの違いはありません。

そのため、GPUのコア数は違いますが、チップ性能の違いはないと考えて大丈夫です。

バッテリー駆動時間

  • iPhone14・・・最大20時間
  • iPhone14 Plus・・・最大26時間
  • iPhone13・・・最大19時間
  • iPhone13 mini・・・最大17時間

バッテリー駆動時間は同じ6.1インチで比べると、iPhone14の方が1時間だけ長くなっています。

本体が大きいiPhone14 Plusは搭載できるバッテリー容量が大きいため、今回比較しているiPhoneの中では最長の最大26時間のビデオ再生をすることができます。

iPhone14 Plusは大画面のiPhoneが欲しい人以外にも、とにかくバッテリー持ちがいいiPhoneが欲しい人にも向いています。

よもぎ
よもぎ

バッテリー駆動時間が長いのも、iPhone14 Plusの魅力です!

一方で、最小サイズのiPhone13 miniは最大17時間のビデオ再生になっています。

小さいので仕方がないですが、iPhone13 miniはバッテリー駆動時間が短いため1日使うにはモバイルバッテリーが必要です。

本体サイズは画面サイズ以外にも、搭載できるバッテリー容量が変わってくるのでバッテリー駆動時間にも影響してきます。

上記のバッテリー駆動時間はビデオ再生の最大時間なので、実際の駆動時間はもっと短いです。

フロントカメラ

  • iPhone14・・・オートフォーカス対応
  • iPhone13・・・オートフォーカス非対応

オートフォーカスは自動で被写体を検出し、ピントを合わせてくれる機能です。

iPhone14はフロントカメラもオートフォーカスに対応しています。

フロントカメラがオートフォーカスに対応していることによって、自撮りなどのフロントカメラを使った写真が綺麗に撮れるようになります。

しかし、iPhone13でもアウトカメラはオートフォーカスに対応しています。

フロントカメラのオートフォーカスは、自撮りをする時など使うシーンが限られてきます。

衝突事故検出

  • iPhone14・・・衝突事故検出対応
  • iPhone13・・・衝突事故検出非対応

iPhone14とiPhone14 Pro、共通の新機能が衝突事故検出です。

衝突事故検出は車を運転している時、衝突事故が発生した際にiPhoneが検知し緊急SOSを表示してくれる機能です。

よもぎ
よもぎ

Apple Watch Series8にも搭載されました。

出番がないことに越したことはない機能ですが、万が一の時のためにあると安心できる機能です。

スポンサーリンク

機能やスペックの差はほとんどない

今回はiPhone14とiPhone13の違いと、どっちを買うべきかについて紹介してきました。

iPhone14とiPhone13は、機能やスペックの差がほとんどありません。

そのため、ほとんどの人は価格が安くなったiPhone13がおすすめです。

よもぎ
よもぎ

iPhone13で十分使えます!

iPhone14とiPhone13で、唯一大きな違いは用意されている画面サイズです。

機能やスペックの差はあまりありませんが、大きいサイズが用意されているのはiPhone14になります。

そのため、大画面のiPhoneが欲しい人はiPhone14 Plus一択にです。

基本的にはiPhone13がおすすめですが、自分に合った画面サイズを考えてどちらを購入するか検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました