【レビュー】iPhone XRから13Proに買い換えて感じたメリットとデメリット

スポンサーリンク

先日、2年半ほど使っていたiPhone XRから、この秋に新しく発売されたiPhone13 Proに買い替えました。

最近のスマホの進化はあまりないので、買い替えても違いを感じにくいと思っていました。

しかし、実際に使ってみると細かい使い勝手がよくなっていたりと、確実に旧モデルよりも向上していました。

今回はiPhone XRからiPhone13 Proに買い替えて感じたことを紹介していきます。

iPhone13シリーズの変更点や買うべきかは、以下の記事で詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

iPhone13 Proのメリット

iPhone XRからiPhone13 Proに買い替えて感じたことをメリットとデメリットに分けて紹介します。

よもぎ
よもぎ

まずはメリットから紹介していきます!

iPhone13 Proを使ってみて感じたメリットは全部で7つです。

カメラ性能の向上

最近のスマホはやっぱりカメラの進化が大きいですよね!

iPhone13 Proは12 Proと比べても、カメラがかなり大型化し、よりキレイな写真が撮れるようになりました。

iPhone XRと比べるとカメラのレンズが3つになり、より様々な画角で写真を撮ることができます。

よもぎ
よもぎ

撮れる写真の幅が広がります!

東京駅を同じ位置で3つのレンズを使って撮ってみました。

広角レンズ
超広角レンズ
望遠レンズ

iPhone13 Proの特に面白い新機能がマクロ撮影です。

一眼レフカメラでマクロ撮影をしようとすると、機材を揃えないといけませんが、iPhone13 Proだと気軽に撮れます。

以下のように、かなり近くによってもしっかりとピントが合い、撮影をすることができます。

よもぎ
よもぎ

マクロ撮影はかなり楽しいです!

通常の写真もカメラがかなり進化しているので、今までよりも気軽に綺麗な写真を撮ることができるようになりました。

MagSafeが使えるようになった

iPhone XRからiPhone13 Proに買い換えるにあたって、個人的に一番楽しみにしていたのがMagSafeが使えるようになることです。

MagSafeを使えば、最大15Wの高出力でワイヤレス充電をすることができます。

私が使っているのはBelkinの「BOOST CHARGE PRO 2-in-1 with MagSafe」です。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

>> Belkin 2-in-1 MagSafe充電器をレビュー!省スペースな充電スタンド

また、マグネットで位置が固定されるので、位置が合ってなくて充電されていなかった、ということも無くなりました。

MagSafeは充電だけでなく、さまざまなアクセサリーをマグネットだけでくっつけることができます。

純正のレザーウォレットやMagSafe対応のMOFTなど、MagSafeに対応したアクセサリーを気軽に付け替えて使えます。

よもぎ
よもぎ

たくさんのアクセサリーがあります!

使えるアクセサリーに幅が広がったのも、MagSafeが使えるようになるメリットです。

本体スペックの向上

iPhone13シリーズは新しいA15 Bionicチップを搭載しています。

A15 Bionicチップになったことによって、さらにスペックが向上しサクサクと使えるようになりました。

しかし、購入前はiPhone XRのスペックでも満足していたので、そんなに変わらないだろうと思っていました。

実際に使ってみるとアプリの起動速度やマスクをしているときのApple Watchでのロック解除など、あらゆるところで処理速度が上がっているのが体感できます。

よもぎ
よもぎ

特に、Apple Watchでのロック解除はかなり速くなりました…!

また、写真を撮影する時でもA15 Bionicチップは活用されているので、チップの進化は思っていたよりも大きいです。

バッテリー駆動時間が大幅に向上

iPhone13シリーズは12シリーズと比べて本体が少し厚くなった分、バッテリー駆動時間が長くなっています。

iPhone13 Proなら最大で22時間のビデオ再生が可能になっていて、ほぼ1日充電しなくても使うことができます。

このバッテリー持続時間の向上は明らかに体感することができ、Safariで調べ物をしているときやTwitterを見ているだけなら、バッテリーはほとんど減りません。

よもぎ
よもぎ

モバイルバッテリーの使用頻度はかなり下がりそうです。

ゲームなどをすると流石に減りが速くなりますが、このバッテリー持続時間ならモバイルバッテリーなしでも大丈夫かもしれません。

120Hzのリフレッシュレート

iPhone13 ProとPro Maxにのみ、最大で120Hzのリフレッシュレートが出せる、ProMotionテクノロジーを搭載しています。

SafariのWebページやTwitterなどを素早く画面をスクロールしても、滑らかに画面が動いてくれます。

よもぎ
よもぎ

60Hzと比べると滑らかさが明らかに違います。

しかし、120Hzのリフレッシュレートはアプリも対応していないと最大限活かすことができません。

有機ELの綺麗なディスプレイ

有機ELディスプレイはiPhone Xから搭載されていますが、私は液晶画面のiPhone XRを使っていたので、iPhone13 Proで初めて有機ELディスプレイのスマホを使いました。

使ってみると、有機ELディスプレイは液晶と比べて色の鮮明度が高いなと感じました。

よもぎ
よもぎ

特に、黒は有機ELだと発光していないので真っ黒でより綺麗に感じます。

黒だと発光しないので、ダークモードで使うとバッテリーの節約になるかもしれないですね。

ノッチが小さくなった

iPhone13シリーズは今までにモデルと比べて、画面上部のカメラの切り掛け、ノッチが小さくなりました。

iPhone Xからずっと変わってなかったノッチが小さくなったのは、地味に大きな進化です。

よもぎ
よもぎ

Androidスマホと比べたら、まだまだ大きいですが…

ノッチが小さくなり、画面の表示領域が広くなったことによって、今までよりも没入してゲームなどを楽しめるようになりました。

iPhone13 Proのデメリット

iPhone XRからiPhone13 Proに買い替えて感じたメリットを紹介してきました。

化している点が多くかなり満足していますが、もちろんデメリットもあります。

ここからは、iPhone13 Proのデメリットを3つ紹介します。

前モデルと比べて重量が重くなっている

バッテリー持続時間が長くなったことにより、本体がiPhone12 Proと比べると約15gほど重くなっています。

15gの差ですが重さの違いは結構感じることができ、本体がずっしりしています。

よもぎ
よもぎ

その分バッテリーが長持ちするので、トレードオフではありますが…

iPhone13 Proはカメラもかなり大きくなっているため、その分重くなっています。

そのため、以前のiPhoneよりも本体上部が重く、持っていると前に落としそうになってしまいます。

今までのiPhoneと比べて持ち心地がかなり変わっているので、実際に店頭で持ってみるのをおすすめします。

マクロ撮影が難しい

先ほど、マクロ撮影が面白い新機能だと紹介しましたが、このマクロ撮影を扱うのは少し難しいです。

マクロ撮影は超広角レンズで行い、デフォルトでは被写体に近づくと自動で超広角レンズに切り替わる仕様になっています。

そのため、被写体との距離によってはiPhoneが広角レンズと超広角レンズ、どっちで撮影するか迷ってしまい画面がガタガタ切り替わってしまいます。

よもぎ
よもぎ

カメラのレンズが自動で切り替わってしまうため、画面がガタガタしてしまいます…

しかし、これは少し改善されていて、iOSのアップデートをするとカメラの設定からレンズの自動切り替えをオフにすることができます。

今後リリースされるアップデートでは、カメラアプリからも設定が変更できるようになるみたいです。

現状は扱いが難しいマクロ撮影ですが、今後のアップデートで改善されそうです。

Face IDのみ

今回のiPhone13シリーズも今まで通り顔認証のFace IDのみが搭載されていて、指紋認証のTouch IDは搭載されていません。

Apple Watchでロックが解除できるようにはなったのもの、ロックの解除に失敗して結局パスコードを打つことはたまにあります。

マスクをすることが多い今の時代は、指紋認証の方が便利なことが多いので、顔認証のみなのは少し使いにくいです。

Face IDにもTouch IDにも、それぞれメリットがあるので、いずれは両方使えるようになるか選べるようになって欲しいですね…。

よもぎ
よもぎ

iPadみたいに電源ボタンにTouch IDがつくといいな。

Face IDのメリットとデメリットは以下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

ほとんどの人にはおすすめしないけど…

今回はiPhone XRからiPhone13 Proに買い替えて感じたことを、メリットとデメリットに分けて紹介してきました。

iPhone13 Proはカメラ性能がより上がったり、バッテリー駆動時間が長くなったりと、確実に進化しているモデルですがほとんどの人にはおすすめしません。

iPhone13 Proは一番安い128GBのモデルでも、122,800円からになっています。

よもぎ
よもぎ

iPhoneはかなり高額です…

iPad ProやM1 MacBook Airよりも高い値段です。

同じくらいの値段を出すなら、iPadやMacBookを買った方ができることが増え、自分のスキルが増えたり、生活の質が上がったりすると思います。

そのため、持っていない方はiPadやMacの方も検討してみてください。

一方で、iPhone13 Proがおすすめな人は、やっぱりカメラを使って写真や動画をたくさん撮りたい人でしょう。

iPhone13 Proは12 Proと比べても、カメラ性能が確実に向上しています。

よもぎ
よもぎ

特にマクロ撮影は魅力的です。

少しでも綺麗な写真で思い出などを残したい方はiPhone13 Proを選ぶのはありだと思います。

また、バッテリー駆動時間も、ほぼ1日使えるほど長くなっているのでバッテリー持ちがいいスマホが欲しい人にもおすすめです。

iPhone13 Proはほとんどの人には必要ないですが、少しでも綺麗な写真を撮りたい人などの一部の人にはおすすめのiPhoneです。

どっちを買う?iPhone13とiPhone13 Proの7つの違いを比較
新型のiPhoneとしてiPhone13シリーズが発表されました。iPhone13シリーズには従来通り、無印モデルとProモデルがあります。名前や値段が違うため、性能の違いがあるのかが気になりますよね。無印モデルと...
【MagSafe対応】iPhone13 Pro 純正クリアケースをレビュー!
iPhoneには様々な種類のケースが売られています。機能性重視から、デザイン重視まで色々あるのでiPhoneのケースで個性を出すことができます。ところが、iPhone12シリーズから背面にMagSafeというマグネットが内...
Belkin 2-in-1 MagSafe充電器をレビュー!省スペースな充電スタンド
当ブログでは「ワイヤレス充電って便利?使ってわかったメリットとデメリット」などの記事で、ワイヤレス充電の良さをよく紹介しています。メリットが多いワイヤレス充電ですが、デメリットとして充電速度が遅いことや位置決めが難しいことがあげら...
iPhone12から対応したMagSafeのメリットとデメリットは?
iPhone12シリーズ以降からiPhoneの背面にマグネットが内蔵され、そのマグネットを使って充電をしたりアクセサリーをつけたりすることができるようになりました。マグネットで簡単につけ外しができるため、iPhoneのアクセサリー...

コメント

タイトルとURLをコピーしました